ドック・検査のご案内
  • 脳ドック
  • 内視鏡検査
  • エコー検査

脳ドックの目的

脳卒中の予防

脳卒中は自覚症状や前兆はほとんどなく、ある日突然発症します。助かっても麻痺や言語障害が残ることは少なくありません。30年前には運命とあきらめることができたこれら脳卒中の多くは原因が究明され、最新の技術により発症前にリスクの診断が可能です。
脳ドックで異常が見つかった場合、その後の相談、治療、手術にも責任もって対応いたします。

クモ膜下出血の予防

脳卒中でもっとも致死率の高い「クモ膜下出血」の大部分は脳動脈瘤の破裂が原因です。現在は2-3mmの大きさの動脈瘤まで診断可能ですが、破裂前に手術をおこなうことで「クモ膜下出血」は予防できるのです。

脳動脈瘤のスクリーニングには1.5T(テスラ)MRIによるMRA(血管撮影)検査をおこないます。疑い例の方にマルチスライスCTによる三次元CT血管撮影やカテーテルを用いたDSA(血管撮影)で治療方法を検討します(保険診療です)。

クリッピング前クリッピング後  クリッピング前クリッピング後

脳梗塞の予防

脳梗塞については、発症時の早期診断と早期治療が話題となっていますが、あらかじめ動脈狭窄や脳血流低下の診断により、内服薬の他にバイパス術や血管形成術で予防できる場合があります。

脳梗塞のスクリーニングにはMRIによる潜在的な脳梗塞の診断の他、MRA(血管撮影)検査で狭窄病変の有無を確認します。疑い例の方にはマルチスライスCTでパフュージョンCT(血流検査)をおこない、カテーテルを用いたDSA(血管撮影)で治療方法を検討します(保険診療です)。

バイパス前バイパス後  バイパス前バイパス後
このページのTOPへ戻る

検査コース・料金

脳ドックのご案内

標準コース ¥30,000(税別) 約3時間

当日に脳神経外科専門医が結果をご説明いたします。後日、報告書を郵送致します。
その他ご要望に合わせオーダーメード致します。

脳の断面

脳梗塞や脳腫瘍などがわかります。

脳の断面

その他オプション

頭頚部の血管

動脈狭窄や動脈瘤などがわかります。

頭頚部の血管

血液、尿検査

高脂血症、糖尿病や高尿酸血症など、脳血管障害の危険因子がわかります。

胸部、頚椎、腰椎X-P

心肥大、変形性頚椎症、腰椎辷り症などがわかるレントゲンの検査です。

頚椎、腰椎MRI

脊柱管狭窄、後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニアなど、脊髄の圧迫がわかります。

心電図、脳波

脳に関係する電気生理学的検査です

全身MRI

子宮筋腫、肝臓疾患、すい臓疾患等の判断ができます。

がん検査等

がん、ウイルス等の診断をします。

脳ドックのご予約はお電話で承っております 03-3781-1108
このページのTOPへ戻る
外来のご案内
TEL:03-3781-1108
診療時間のお知らせ
午前:9時〜12時 午後:14時〜17時 ※ただし急患は随時受け付けております ※受付は診療時間終了の30分前迄になります
  • 病院概要・アクセス
  • お問い合わせ

« 表示推奨ブラウザ/OS »
■ Windows Vista,XP,2000
■ Microsoft Internet Explorer 7.0
■ 文字サイズ 中